精神科カルテ向け AmiVoice® Ex7 MentalCare

音声入力で患者様との時間を有効に活用しませんか。

  • ・声の事前登録が不要で誰でも簡単に利用可能
  • ・イントネーションやアクセントに左右されない高い認識率
  • ・精神科で頻繁に使用する病名、症状、薬品名など医療専門用語に特化した辞書を搭載
  • ・紹介状、看護/診療記録、SOAPなどに対応
  • ・メーカーを問わず各種電子カルテシステムに対応

ご好評いただいております音声入力システム「Ex7 シリーズ」に、精神科専用の医療用語を充実させ、さらに認識率を向上させました。
精神科の診療では、カルテに患者様の言葉の記録や病状、治療の進展具合に対する考察などの記載義務があり、カルテ作成負担が重いのが現状です。
「AmiVoice Ex7 MentalCare」は、キーボード入力と比較し、入力作業が約半分(※当社調べ)になるため、忙しい医療現場における事務作業負担を軽減いたします。精神科の現場で使われる専門用語も搭載していますので、「広汎性発達障害」・「ラピッドサイクラー」・「認知行動療法CBT」などの専門用語も認識いたします。

精神科で頻繁に使用する病名、症状、薬品名など医療専門用語に特化した辞書を搭載

認識例

表情:丸顔、大きな特徴はない。 緊張と不安げな態度はある
話し方:消え入りそうな、息を飲み込むようにして、話すので、小さな声になる。
了解:悪くない。
疎通性:まあまあ、悪くない
症状・症候:パニック発作。持続的な不安と息苦しさ
診断:パニック障害
評価:職場の上司に、とても嫌みで、仕事をしつけてくるのがいる。仕事を辞めたいと思うが、自分が止めると引継が出来なくなると思うと止められない。
方針:服薬と気持ちの整理。上司に対して、想像で毒を盛るような、気持ちを表現することも大事。

導入をご検討中
の方はこちら

▲ページ先頭へ戻る