株式会社アドバンスト・メディア
医療向け AI音声認識ワークシェアリングサービス AmiVoice iNote イメージ

 お知らせ

2018/10/4
AmiVoice iNoteをリリースしました。NEW

 サービス概要

入力支援だけにとどまらない
ワークシェアリングを可能にする音声認識サービスです。


医療向け AI音声認識ワークシェアリングサービス AmiVoice iNote 概要図





医療向け AI音声認識ワークシェアリングサービス AmiVoice iNote 運用イメージ iPhone用アプリ

各診療部署など、主に情報を入力する方向けのアプリです。
入力だけでなく情報共有も場所に関係なく行えます。


医療向け AI音声認識ワークシェアリングサービス AmiVoice iNote 運用イメージ 個人的なメモと院内SNS
個人メモ
入力は音声認識で簡単に行うことができ、入力した時間も自動で記録されます。
入力されたデータはサーバーに保存されます。AmiVoice iNote Keeperを使用して代行入力者が編集を行ったり対象システムへ入力することができます。

院内SNS
院内でSNS風に、リアルタイムにグループ内で情報共有ができます。
医療向け AI音声認識ワークシェアリングサービス AmiVoice iNote 運用イメージ 入力支援機能
音声入力
日本国内シェアNo.1の医療施設向け音声認識辞書を使用し、高い認識精度を実現しています。

カメラ
iPhoneのカメラで撮影した画像にマークを付けられます。

テンプレート
使用頻度の高い定型文はテンプレートとして利用できます。
さらに、テンプレートは穴埋めに対応しており、一部だけ異なる文章の入力も効率的に入力できます。

スタンプ
医療向けスタンプを各種用意しています。
発話できないシーンでも利用可能です。





医療向け AI音声認識ワークシェアリングサービス AmiVoice iNote 運用イメージ Windows用アプリケーション

ユーザー管理機能による「業務の見える化」を実現できます。
AmiVoice iNote Clientで入力された情報量がPCでユーザー毎に可視化され、行動分析に活用することができます。


医療向け AI音声認識ワークシェアリングサービス AmiVoice iNote 運用イメージ ユーザー管理 医療向け AI音声認識ワークシェアリングサービス AmiVoice iNote 運用管理


AmiVoice iNote Clientで入力された情報を、他の場所で待機している入力代行者がカルテシステム等の必要な個所に転送することも可能です。

医療向け AI音声認識ワークシェアリングサービス AmiVoice iNote 代行入力 医療向け AI音声認識ワークシェアリングサービス AmiVoice iNote 入力内容
医療向け AI音声認識ワークシェアリングサービス AmiVoice iNote ご注意 本サービスはオンプレミス形式のため、運用にあたっては各種デバイスや設備が必要となります。
詳しくは下記よりお問い合わせください。

 動作環境

AmiVoice iNote Client (iPhone)
対応OS iOS 10 / iOS 11
対応ハードウェア iPhone 7以降(ただし、iPhone XS, XS Max, XRは対象外)

AmiVoice Medical Services (Server)
対応OS Windows Server 2012 R2以降の日本語版
対応ハードウェア 利用者数によってスペックは変化します。
詳しくは下記よりお問い合わせください。
AmiVoice iNote Keeper (PC)
対応OS Windows 10 / Windows 7 各日本語版
※64bit版Windows OS環境では、WOW64サブシステム
(32bitエミュレーター)上で動作します。
ミドルウェア Microsoft .NET Framework 4.5.2以上
CPU Intel Core i3 1GHz以上のプロセッサ
メモリ 8GB以上推奨
HDD 100MB以上の空き容量
光学ドライブ CD-ROMからインストールする時使用します。


 お問い合わせ



医療向け AI音声認識ワークシェアリングサービス AmiVoice iNote お問い合わせ先リンク



©2018 Advanced Media, Inc. All rights reserved. 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。