AmiVoice Ex7 バージョン7.50 リリースのお知らせ

2018年12月05日
お知らせ

【バージョンアップ版ダウンロード開始予定日】  2018年12月5日

【無償バージョンアップ対象者】
現在、保守契約していただいてるユーザー様は無償でバージョンアップしていただけます。
※保守契約が切れているお客様で、7.45にバージョンアップをご希望の場合には、別途保守契約が必要です。
※詳細につきましては、以下にてご確認ください。
http://medical.amivoice.com/support/index.html

【バージョンアップ概要】

■無線ウェアラブルマイク「AmiVoice Front WT01」に対応
無線ウェアラブルマイク「AmiVoice Front WT01」のマルチファンクションボタンに録音の開始と停止や転送機能を割り当てることができます。
「AmiVoice Front WT01」を使用する為には、設定画面の「録音ボタン」のマイクの録音ボタンで「AmiVoice Front WT01」にチェックを入れてください。

■スピーチマイクのボタン設定引継ぎ機能を追加
スピーチマイクのボタンに機能を割り当てている時に別種のスピーチマイクをPCに接続した際、割り当てを引き継ぐ機能を追加しました。
引継ぎ可能なスピーチマイクは次の4種類です。
・Philips社製LFH5276
・Philips社製LFH3200
・Philips社製LFH3500
・アドバンスト・メディア製AmiVoice Front SP01

■音声認識結果転送先を転送直前に指定可能とする機能を追加
従来のAmiVoice Ex7は音声入力を開始する前に転送先をマウスで指定していましたが、転送直前に転送先を指定可能とする設定を追加しました。
転送直前に転送先を指定するには、設定画面の「転送方法」の転送先の指定タイミングで「音声認識してから指定する」を選択してください。

■録音ボタンを押したときにAmiVoiceエディターのアクティブ化を抑制する機能を追加
従来のAmiVoice Ex7はAmiVoiceエディターを使用している時に録音ボタンを押すとAmiVoiceエディターがアクティブとなりましたが、アクティブにしない設定を追加しました。
例えばViewer等のアプリケーションを使用し、マウスで画像を拡大中に録音ボタンを押してもAmiVoiceエディターにマウスカーソルを奪われないようにすることができます。
録音ボタンを押したときにAmiVoiceエディターをアクティブにしないようにするには、設定画面の「録音ボタン」の録音ボタンを押したときの動作で「エディターモード使用時にAmiVoiceエディターをアクティブにする」のチェックを外してください。

■新規ユーザー作成時に選択される辞書をDNNに変更
新規にユーザーを作成した際、デフォルトで選択される辞書がDNN辞書になるよう変更しました。
DNN辞書はV7.40より搭載されていますディープラーニング技術を用いたより高精度の音声認識率を実現した辞書です。従来のように音響学習を行わなくても高い認識精度を実現した辞書です。
従来の辞書に変更するには、設定画面の「マスター辞書」から辞書を選択してください。

■数値を注意用語に指定する機能を追加
従来は指定した文字列のみを注意用語として扱っていましたが、数値を注意用語として扱う機能を追加しました。
数値を注意用語にするには、AmiVoiceバーからユーザー辞書ツールを開き、注意用語タブの「数値を注意用語にする」にチェックを入れてください。

■設定画面で指定できる数値・時間の表現を追加
従来は個別に変更していた数値・日付・時間の表現を設定画面で指定するように変更し、指定可能な表現を追加しました。
数値・日付・時間の音声認識結果は従来と同じように変換候補から変更することは可能ですが、認識結果の第1候補は設定画面で指定された表現となります。
数値・日付・時間の表現を変更するには、設定画面の「表現」の数値の表現、日付の表現、時間の表現で指定してください。

■マスター辞書の改善
●全辞書共通
・辞書内の不適切な読みを修正
・各種パラメータ等調整
・各種コーパスを追加学習
・不要な顔文字を削除

●【共通項目】
(電子カルテ、眼科、精神科、整形外科、リハビリ、介護、調剤、医療メール)
– MEDIS「医療品HOTコードマスター 2018年08月31日版」に対応
約233単語追加
– MEDIS「病名マスター(ICD10対応標準病名マスター)2018年06月01日版」に対応
約150件追加
– MEDIS「手術・処置マスター2018年04月02日版」に対応
30件追加
– クラシエおよびコタローの社名付き漢方薬約130単語を追加し、番号で呼び出せるようにしました
(クラシエの○○番など)。
– MEDISにある(薬品)製造会社と販売会社名、約500件を追加

●【個別項目1】 放射線科
– MEDIS「医療品HOTコードマスター 2018年08月31日版」に対応

●【個別項目2】  病理
・病理で胃癌取り扱い規約第15版の表現を追加

■既存機能の使いやすさを向上
ユーザー様よりお寄せいただきましたご要望などに対応しました。

ニュース一覧へ戻る

▲ページ先頭へ戻る