AmiVoice Ex7 バージョン7.45 リリースのお知らせ

2018年02月21日
お知らせ

【バージョンアップ版ダウンロード開始予定日】  2018年2月22日

【無償バージョンアップ対象者】
現在、保守契約していただいてるユーザー様は無償でバージョンアップしていただけます。
※保守契約が切れているお客様で、7.45にバージョンアップをご希望の場合には、別途保守契約が必要です。
※詳細につきましては、以下にてご確認ください。
http://medical.amivoice.com/support/index.html

【バージョンアップ概要】

■ユーザー選択ツールのボタンを整理しユーザー名の検索機能を追加
・登録されているユーザーの名前と読み仮名でユーザーを検索可能になりました。
これにより、複数登録されているユーザー名からご自身のユーザーをすぐに検索することができます。

■登録済み単語・テンプレート・無効単語・注意用語の検索機能を追加
・登録されている単語とテンプレートの読みと表記および無効単語と注意用語を検索可能になりました。
これにより、単語登録済みかの確認、およびすでに単語登録されている単語の読みをすぐに変更することができます。

■アプリケーションへの転送方法を追加
・AmiVoice Ex7からアプリケーションに認識結果を転送するオプションに、「クリップボード」転送の場合「Shift + Insert」を追加しました。
これにより、「Ctrl + V」での貼り付けを受け付けないアプリケーションにも転送可能になりました。

■ユーザーデータのインポート時にカスタムコマンドをマージする機能を追加
・ユーザーデータのインポートを行う際、既存ユーザーに音声コマンドをインポートすると、音声コマンドを構成するカスタムコマンドをマージするようにしました。
これにより、従来は全て上書きしていましたが、マージすることにより同じ環境で使用することができます。

■DNN音声認識エンジンの強化
・V7.40より搭載されていますディープラーニング技術を用いたより高精度の音声認識率を実現したDNN音声認識エンジンをさらに強化いたします。
・従来のエンジンとDNNエンジンは、辞書切り替えにて切り替えることが可能です。
・ただし、従来のエンジンでの音声認識エンジンでの音響学習結果は、DNNエンジンには引き継がれず、また、DNNエンジンに対しては音響学習を実施することはできません。
 【動作環境の注意事項】
 DNNエンジン使用時はメモリ 4GB以上です。

■マスター辞書を改善
●全辞書共通
・辞書内の不適切な読みを修正
・各種パラメータ等調整
・各種コーパスを追加学習
・元号(大正、昭和、平成)の認識を改善

●【共通項目】(電子カルテ、眼科、整形外科、リハビリ、精神科、医療メール)
・医療用薬品名更新
– MEDIS「医薬品HOT コードマスター 2017年08月31日版」に対応
  約480単語を追加
 -MEDIS「病名マスター(ICD10対応標準病名マスター)2017年06月30日
  版」に対応
  約100件を追加

●【個別項目1】 (電子カルテ)
・耳鼻咽喉科専門用語を追加
  耳介結節」「耳介腔」「耳介上縁」「耳管疾患」など
・産婦人科専門用語を追加
  「多胎分娩」「抗精子抗体」など
・透析専門用語を追加
  「KT/V」(けーてぃーおーばーぶい) など

●【個別項目2】 (調剤)
・搭載単語数を約6万単語から約15万単語に大幅に増強しました。
 病名や病院名、所見で使用する表現などが認識しやすくなるよう対応しました。
・薬品名更新
– MEDIS「医薬品HOT コードマスター 2017年08月31日版」に対応
  約480単語を追加
・OTC薬品名の強化

●【個別項目3】 (病理)
・最新の癌取り扱い規約(肺、大腸、膵臓)の表現に対応

■その他、ユーザー様からのご要望に対応し、細かな使い勝手を向上いたしました。

ニュース一覧へ戻る

▲ページ先頭へ戻る